2012年01月26日

『自然科学―民俗学境界』

『自然科学―民俗学境界』 / 畝傍様

配布サイト : 無名工廠
http://nonamefactory.vs.land.to/

¥0 / あざみ
¥1 / 太郎

 ◆ 

ある日、ユーザさんの家の前に倒れていた犬……
ではなく、黒い狐。彼女は金谷(かなや)あざみ、狐の妖怪だと名乗ります。
高位の妖怪から生まれた(と自称している)ようですが、
現在は力が弱くなってしまっている様子。
そんなあざみさんは高校生活のかたわら、オカルト関連のなんでも屋を請負っています。

トークは妖怪・伝承とあざみさんの仕事・日常生活が主なテーマかな。
あざみさんは妖怪なので、人間とは違うドライな価値観と食生活を持っています。
外見年齢とはまったく一致しませんが、推定600歳以上とかなりご長寿。
語り口も落ち着いているというよりは、悟ったように淡々としている印象です。

しばらく立たせていると、(自称)相棒の太郎くんも呼べるようになります。
彼は何というか、あざみさんよりはフランクな方という印象。
彼と一緒のモードでは、少しあざみさんへの印象が変わるかもしれません。
現代人の価値観から見れば、尋常ではなく思える食への執着とか……。
生物として食料の確保は重要なんだ! というのはわかりますが、
なんか、そこまでしなくても食べていけそうな気がするんだけどなあ。

マスターシェルはフリーシェル『fox_b』を使用。少し小さめのシェル。
容姿的には、獣耳とふさふさした尻尾を持った黒髪の少女。
そこまでキラキラ、萌え萌えといった系統の絵柄ではなく、
落ち着いた可愛さのあるシェルで、男性にも女性にも親しみやすいかなあと感じます。
posted by 帽子屋 at 01:24| Comment(0) | review
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: